海外 引越し 料金

海外の引越し料金はどれくらいかかるの?

海外への引越し 料金はどれくらいかかるの?お勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

転勤や留学によって日本から海外へ引越しをする人は少なくありません。
国内での引越しでも準備や手続きで大変なのに、
海外にいったらさらに大変なことは容易にわかりますね。
今回は海外の引越し料金について詳しく説明していきましょう。

 

海外への引越し方法は??

日本国内の引越しではトラックチャーター便、コンテナ便、船便が一般的です。
一方海外へ引越しをする際には、
船便か航空便のどちらかを選択することになるでしょう。

 

航空便は到着するまでに時間も早いですが、その分料金は高いです。
また1度に送れる重量が決まっています。
あまり重たいもの、大きいものなどは航空便を利用できないこともあるでしょう。
生活に必要なものだけをピックアップして
スーツケースに詰め込んで送るという航空便のやり方をする人が多いです。

 

一方船便は海外の引越し先にもよりますが、
アメリカなどへの引越しの場合、
到着までの2〜3ヶ月ほどかかると言われています。

食料品やかさばるもの、食器などすぐに使用しないものは
後から到着する船便に任せてみるとよいかもしれません。

 

船便も航空便も料金に関しては、
日本側輸出料金、海外運賃、外国側輸入料金と関税がかかります。

 

大きな家具、家電は日本においていこう

日本で使用していた家具や家電などを送ろうとすると
非常におおがかりになりますし、お金も必要になります。
引越し先には衣類など身の回りのものだけを輸送するようにして、
家具や家電などは現地で調達するとよいでしょう。

 

アメリカなどでは賃貸物件に家電や家具が備え付けられているものがほとんどです。

また日本製の家電を持っていったとしても
電圧が違うため使用できないケースもあります。
海外への引越しはできるだけ荷物を減らし、
厳選した荷物だけを持っていく方がよいでしょう。
足りないものは現地でいくらでも購入することができますので大丈夫です。

 

また梱包に関しては非常に厳重にしなければ破損してしまう恐れがあります。

素人で梱包を行うと難しいですので、
海外引越しを専門に扱う引越し業者に全てお任せするのが一番楽ちんですし、安心できますよ。

 

海外への引越し 料金はどれくらいかかるの?お勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

海外引越しの料金ってどれくらいなの?

海外引越しと言っても引越しをする先によって
移動距離が異なりますので、引越し料金にも違いがでます。
また送る荷物に関しても単身であれば少ないものの、
家族全員での海外遠征になるとある程度の荷物を送らなければなりません。

 

ここでは東京からアメリアニューヨークまでの
引っ越し料金について相場を調べてみましょう。
ニューヨークまで引越し荷物を送る場合、
例えばダンボールを40個程度送ったと過程します。
リーズナブルな料金設定が魅力の船便を使用すると、
日本側輸出料金が22万円、船便運賃が19万円、
外国側輸入料金が10万円で51万円前後での料金がかかります。

またこの非常には関税、保険料が含まれていませんので、
さらに引越しにかかる費用は高くなるでしょう。

 

引越し業者によって海外引越し料金は大きく異なる

国内の引越しに関しても同じですが、
引越し業者によって引っ越し料金は大きく差がでます。
移動距離が大きい海外引越しにおいては
さらに業者によって見積もり料金額に違いが現れるでしょう。

 

いくつかの引越し業者に見積もりを請求してできるだけ安く、
サービルのよい業者を選ぶとよいでしょう。
業者によって手厚くサービスを行ってくれる引越し業者もあります。
例えば料金以外にも、日本語のサービスはあるかどうか、荷物への保険はかけられるのか。
関税や検疫などに関しても知らないことが多いので、
それらを的確にアドバイスしてくれるのかというのも重要なポイントになります。

 

引越し料金一括請求サイトを利用して、
対応のよい業者、引越し料金がリーズナブルな引越し業者を選びたいですね。
海外への引っ越し料金は業者間で3倍も差が出ると言われています。
引っ越し費用は基本料金などがないので、
全て会社が判断して引越し費用を提示します。

できるだけ安く、生活しやすい環境を作ってくれる買取販売店がおすすめですよ。
大手の引越し業者であればほとんどの天保で海外引越しを受け付けてくれるでしょう。

 

全ての荷物を海外に持って行けるわけではない

海外へ荷物を運ぶ=輸出と同じとイメージしてもらってもよいでしょう。
つまり輸出と同じように新しい国へ持ち運びができない食品や
商品などもありますので注意が必要です。

 

まず日本から海外へ出すことができない輸出禁止品としては、
麻薬類、わら製品、古美術品などがあります。
一方輸入禁止品に関しては、
米国、オーストラリアでは肉類が配合されているインスタント食品は
国内に入れてはいけません。
またシンガポール、タイ、マレーシアなどの東南アジアでは
米類を輸入してはいけないことになっています。
引越しする国によって輸入禁止品が異なりますので、
引越し準備を行う前に事前にどのようなものを持ちこんではいけないのかを確認しておくとよいでしょう。

 

海外への引越し 料金はどれくらいかかるの?お勧め一括見積もりサービス

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。